日本の魅力のひとつに温泉があると思っているんですが、そもそも私が温泉好きになったのは、非日常の時間を楽しめるからなんです。

旅行自体好きっていうのもあるけど、小学生くらいのころから駅とかにある旅行パンフレットを見るのが好きでした。

まぁ、見ているだけでいろいろと想像できるので、楽しかったんですよね。。
あとは、温泉の効能とかを知るのが好きです。「こういう泉質には、こういった効用がある」という話です。

たとえば、よく「美人の湯」ってあるけど、実は同じ「美人の湯」でも場所とか泉質、成分がかなり違ってきます。

そういうのを深掘りしていくのも楽しいです。

私の場合、選ぶ基準は、泉質です。お風呂も循環ではなく、なるべく源泉かけ流しがいいですよね。

あとは露天風呂で絶景を眺めながら、癒やしの気分を味わえるところです。

もちろん、宿の雰囲気やお料理とかも気になるけど。

はじめていったのは、湯元白金温泉ホテルです。

お風呂が気に入りました。5タイプあって、全て白金温泉源泉かけ流しの100%天然温泉です。

女性、男性それぞれ専用の内湯があるし、専用露天風呂もあります。

露天風呂から、目の前に白金の自然の木々や下には、美しい渓谷の景色を満喫できました。

料理の美味しかったですよ☆